関西で新しい街歩きの楽しみ方を提案します

河内長野 山に囲まれた地なれど交通至便、府内第二位の保有数を誇る「文化財の街」

散策コース:河内長野)

大阪府南東部、河内地域の最南端に位置し、和泉山脈を挟んで和歌山県と接する河内長野市。

特に、市の中・南部は、東隣の千早赤阪村とともに「奥河内」と呼ばれます。


周囲を和泉山脈などの山々に囲まれ、身近に自然を感じることのできるエリアです。

一方で、この河内長野は、市内各地に名刹・古社があり、数多くの文化財が残る「文化財の街」。


今回は、自然と歴史を感じながらの散策が楽しめる、河内長野をご紹介します。


意外にも交通至便な「文化財の街」

河内長野を代表する名刹、観心寺と金剛寺

他にもあるある!河内長野のおすすめ名所


河内長野の風景

スポンサードリンク

意外にも交通至便な「文化財の街」

河内長野は、古くは飛鳥時代にお寺が建立されるなど、長い歴史を誇る街。

一方で、戦乱などによる大規模な焼失が少なく、市内各地には名刹・古社が点在。


貴重な文化財も数多く残されています。

国宝・国重要文化財に指定された文化財の数は、大阪府下では大阪市に次いで第二位。

京都や奈良、大阪などの有名な観光都市の影に隠れておりますが、実は、河内長野は、関西でも有数の「文化財の宝庫」です。


一方で、河内長野には「山あいの地」というイメージがありますが、意外にもアクセス便利。

大阪難波から南海電車でわずか30分、交通至便の街です。

また、市の中心、河内長野駅を起点に四方八方に路線バスが運行。市内の名所を巡るのに大変便利です。


さらに、街中におけるアップダウン(高低差)もそれほど大きくありません。

ハイキングや街歩きを気軽に楽しむことができるのも、河内長野の魅力の1つです。

河内長野の名所(観心寺)

河内長野を代表する名刹、観心寺と金剛寺

さて、この「文化財の街」河内長野の中心的な存在は、観心寺金剛寺

ともに長い歴史を誇る名刹で、平安・鎌倉・南北朝時代の建築、仏像が残ります。


また、鎌倉時代末期~南北朝時代の、楠木正成や南朝とのゆかりの深い史跡が多い点でも共通します。

歴史の跡をご自分の足で巡ることが好きな方にもおすすめです。


<観心寺>

金剛峯寺を総本山とする高野山真言宗のお寺で、「遺跡本山」という寺号を持つ名刹。

真言宗のお寺としての開創は平安時代ですが、前身のお寺まで遡れば飛鳥時代の創建とも。


観心寺境内でひときわ目立つ、朱色の金堂は、南北朝時代の建築物で、国宝指定。

仏教建築の1つの様式「折衷様」の典型例として知られます。

観心寺金堂

金堂の近くにある建掛塔(たてかけのとう)にも注目。

元は、鎌倉時代末期の名将、楠木正成が三重塔として計画した建物。

しかし、工事途中で、正成本人が戦に敗れて世を去ってしまいます。

「建て掛け途中で放置された塔」ということで、こんな名前で呼ばれるようになりました。


(観心寺の詳細については、「つれづれ関西街歩き・観心寺」もご覧ください)

観心寺建掛塔

<金剛寺>

金剛寺は、京都・仁和寺を総本山とする真言宗御室派のお寺。

こちらも歴史が古く、奈良時代天平年間に行基が創建したと伝えられます。


金剛寺には、平安・鎌倉時代からの伽藍が当時の姿で残っています。

その中の金堂、多宝塔、鐘楼は、10年近くにも及ぶ大修理を経て、リニューアル完了!

生まれ変わった美しい姿を眺めることができます。

金剛寺伽藍

また、金剛寺は、南北朝時代の南朝・北朝とのゆかりも深いお寺。


南朝二代の後村上天皇が一時期ここに行宮(仮宮)を置き、執政を行っていたこともありました。

一方で、南北朝の対立の中で捕らわれた、北朝の上皇方の幽閉場所(北朝御座所)も残されています。

金剛寺・北朝御座所

他にもあるある!河内長野のおすすめ名所

観心寺や金剛寺の他にも、河内長野のあちこちにちょっとした名所があります。

お寺の参拝ついでに河内長野駅周辺を巡るなら、次のスポットにも訪れてみましょう。


<高野街道と長野神社>

京・大坂から高野山へ通じる街道「高野街道」。

その要衝であったのが現在の河内長野駅~三日市町にかけてのエリア。古くから宿場町として栄えました。

この辺りには、今も古い街並みが今も残ります。


その中でも、特におすすめなのが、河内長野駅からほど近いところにある、酒蔵通り

金剛寺との関連も深い「天野酒」の醸造元、西篠合資会社など、古くからの蔵元が並びます。

河内長野のおみやげに、地酒などいかがでしょうか。


酒蔵通りを訪れた折りには、その近くの長野神社にも参拝を。

境内に立つ、一間社流造の小さいながらも古風な本殿。

室町時代の末期に建てられたものとされ、国の重要文化財の指定を受けています。

酒蔵通り

<烏帽子形公園>

烏帽子形公園は、河内長野駅から南西に少し離れたところにあります。

「烏帽子形山」という小高い山を中心に整備された公園です。


公園内には、烏帽子形八幡神社という神社があります。

それほど広くはない境内ですが、国重要文化財指定の本殿が残ります。


また、烏帽子形山には、その昔、烏帽子形城という山城がありました。

このお城は、鎌倉時代末期、楠木正成が、幕府に対抗するために築いた「楠木七城」の1つ。

曲輪(くるわ)の跡など、当時のお城の遺構が残されています。

近年、国の史跡に指定されたこともあり、少しずつではありますが整備が進められています。

烏帽子形城跡

また、山頂付近にある曲輪跡は、河内長野の街並みや周辺の山々を見渡せる好眺望のスポット。

烏帽子形山は周囲との標高差50mほどの丘のような山で、大人の足なら15分程度で山頂までたどり着けます。

街歩きの合間に、軽いハイキング感覚で登ってみましょう。

烏帽子形城跡からの眺望

大阪から30分で訪れることのできる、交通至便な街、河内長野。

山に囲まれているとはいえ、意外にも街中は平坦で歩きやすく、バスでの移動も便利。

自然豊かな河内長野、貴重な文化財や史跡を巡りつつ、その長い歴史を感じながら歩いてみませんか。

スポンサードリンク

スポット情報

<観心寺>

住所 大阪府河内長野市寺元475
最寄り駅 (南海・近鉄)河内長野駅から南海バス(約12分)、観心寺バス停下車、徒歩5分
(駅から歩く場合)河内長野駅から徒歩45分、南海三日市町駅から徒歩35分
拝観時間 午前9時~午後5時
拝観料(入山料) 大人300円 小中学生100円
(毎年4月17日と18日のご本尊開帳日は特別拝観料700円)
ホームページ 観心寺公式ホームページ


<金剛寺>

住所 大阪府河内長野市天野町996
最寄り駅 (南海・近鉄)河内長野駅から南海バス(約16分)
天野山バス停下車、徒歩すぐ
拝観時間 午前9時~午後4時30分
拝観料 (伽藍)200円 (本坊・庭園)400円
(伽藍・庭園共通券)500円
ホームページ 天野山金剛寺


<長野神社>

住所 大阪府河内長野市長野町8-19
最寄り駅 (南海・近鉄)河内長野駅から徒歩3分
備考 境内自由


<烏帽子形公園>

住所 大阪府河内長野市喜多町305
最寄り駅 (南海・近鉄)河内長野駅から徒歩15分
備考 入園自由

関連地図

関連スポット、近隣スポットのご紹介

観心寺

観心寺

国宝金堂の他にも見どころたくさん!楠木正成ゆかりの奥河内の古刹

金剛寺

金剛寺

閑静で心安らぐ境内に残る、鎌倉時代「そのまま」の伽藍

スポンサードリンク